痛いメンヘラ風のブログを目指していたけれど、なんかどうでもよくなったので普通の日記になりました。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12がつ31にち
2008/12/31/ (水) | edit |
コミケ終了。でもって今年終了。
今回買った同人誌はエロい系少ない。
おもにリアルメンヘラの描いた絵のイラスト集を入手した。
で、実家帰る気力がないよ。もうアニソン三昧聞くしか・・・。

スポンサーサイト
12がつ28にち
2008/12/29/ (月) | edit |
不安という言葉は、「安らがず」と読めます。
不安なのは心であり「安心できず」ある状態なのではないでしょうか。
けれども、自分が多くの他人を前にして抱く感情は、不安心よりも不安定といった方がしっくりきます。
自分の立場が定まらず、ぐらつく心は、自分をばらばらにしてしまいそうです。
3度目といえども、コミケに参加する度に恐ろしく不安定になる自分はやはり心が弱いのでしょう。
12がつ21にち
2008/12/21/ (日) | edit |
今日は冬至です。かぼちゃ食べました。バイト先でもらったやつ。
ゆず湯は入ってません。ゆずゆちゃんはかわいいです。


・N・H・Kにようこそ!
2年前のテレビ放送ではまったく面白くも感じなかったヒキコモリのアニメが、今現在の自分にとってこんなにのめり込めるアニメであるという事実は、自分の価値観の悪いほうへの進歩が大きくあったことが感じられて危機感を覚えます。
しかし、このアニメを見てヒキコモリに憧れるなんて論外であり、真面目に生きられるなら真面目に生きていたい、という強い思いを抱きました。
だって、もう集団自殺の回とかネトゲの回とか、話が浅いのに妙に考えさせられます。
特に山崎の佐藤を更生させる神ゼリフの数々!
「自殺なんてドラマチックな死に方は僕らには似合いませんよ」
「はーい僕がミアでーす」
というか、阪口の声がいいw今まで新八のイメージしかなかったけどw
そういえば、牧野由依わりと歌だけじゃなく演技もできてますね。まぁツバサは糞でしたが。
っていうか、ときどき現れるストパンのポスターが気になってしょうがなかった。
ググった情報によると2007年のストパンOVAの制作をゴンゾがやってたからだとか。なんという先見性。

12がつ19にち・バイト忘年会
2008/12/20/ (土) | edit |
男の先輩方も2名いらっしゃり、前回のような女性方の口から猥褻な単語の飛び交う絶望的な飲み会にならないものだと自分は信じていました。
しかしながら、昨今の経済的社会不安に際し、危機に瀕した場合にこそ生殖欲求の高まりを見せる人類の本能は恐ろしいもので、男の先輩方2名のすさまじきリア充的口説きテクニックを見せつけられ、自分の社会不適合性を再確認する結果となってしまったのが、本日の忘年会です。
どうしてあの方々は、女にいいイメージを与えるために男同士の繋がりを見せつけようとするのでしょうか。
自分に絡むのも自分を心配した表情を見せるのも、彼らの女を落とすための策略だと考えるのは、非常に失礼で悪意的解釈だとは分かっています。
本来ならば、彼らの自分に対しての絡みは、自分が飲み会で浮いていることを案じての優しさであり、酒に弱い自分を心配するのは、それもまた優しさなのでしょう。
だけれども、ついていけませんしうっとうしいと感じてしまうのです。
飲み会も終わり、解散となったあと自分は少し距離を置き、人ごみに紛れました。
その逃避的行動を裏切るかのように、駅でその男性の先輩と女性数人の一団と会ってしまいました。
先輩がまた自分に絡んできたとき、自分が口から出た言葉が「もういいっスよw」だったのは、自分に罪悪感を残すこととなりました。
どうせ自分は、精神病ならぬ青春病、青春を過ごすことにためらいを覚えつつその時代を生きてしまった後悔に苛まれる病なのです。
12がつ17にち
2008/12/18/ (木) | edit |
よく食べる食べ物って、俺はすぐに飽きちゃいます。
ちゃんとした料理なら味付けはいくらでも変えられるけれど、味が変わらないインスタント食品・コンビニ弁当の食生活はとても飽きやすいです。
5ヶ月くらい前、俺はカップ焼きそばという食べ物に飽きたことを実感しました。
カップ焼きそばを飽きてしまった理由を考察します。

・「焼き」そばなのに焼いてない。(明らかに食感・風味が普通の焼きそばとは異なるのです。なんだか騙されている気がしてきます)
・味付けは安っぽいソース味(粉と液状のものや「香り高さ」を売りにしたものなど銘柄によって違いはありますけど、実際ウスターソースなんて味が濃すぎるものに違いなんて分かりません)
・自分で味を変えるに際して使える調味料の種類の少なさ。(マヨネーズくらいしか思いつきません)
・カップ焼きそばという商品の可食部が単一であること。(例えばシーフードヌードルなら麺・スープ・えび・卵・野菜を楽しむことができますが、カップ焼きそばはほとんど麺のみ。申し訳程度のキャベツのかやくは、ビニールみたいな食感です)
・ペヤング等の超大盛り系の存在。(これにより、自分の「飽き」が来るまでに摂取できる量の閾値すぐに達してしまいます。こういった大盛り系の食品はITカウンタ※1とMT指数※2のバランス非常に悪いため、本来ならば食べることを避けています)

よってカップ焼きそばをしばらく食べないことに決めました。
しかし逆にこの日から、自分のMT指数が下がり、カップ焼きそばを口に運ぶのに躊躇しなくなるのを待ち望んでいたのです。
カップ焼きそばは男の一人暮らしの重要な武器であるし、これをその他カップ麺との食事ローテーションに再び戻すことにより、その他カップ麺のMT指数保持に役立ちます。
自分はカップ焼きそばを失いたくはありませんでした。
そして今日、カップ焼きそばを解禁することにしたのです。
MT指数を気にせず、大盛りのダブルサイズの焼きそば、デカ王2.0を購入しました。
パッケージに書いてある「おいしい作り方」を参照し、お湯が足らないなどというトラブルに見舞われながらも、上手にできたと思います。

で、やっぱマズかったです。もう2度と食わね。

※1ITカウンタ…今まで食べたカウンタ。カップ麺なら1個で1カウンタ。料理なら1皿で1カウンタ。
※2MT指数…もう食べられないよ指数。食品のグラム数と関係が深い。一度腹いっぱいまで食べると、指数が下がりづらくなる。
12がつ13にち・AMI忘年会
2008/12/16/ (火) | edit |
俺を1とするなら、お前は0.3くらいだよ。つまりは俺が高校2年生のときくらい。まぁ結局のところお前はレベルに達していない、ということなんだけどね。お前とお前で7:4で頑張れ、それだけが俺の言いたいことだ。いやお前とお前とお前で4:3:6かな。そしてお前はそれを支える役割なんだ。そして、なんといっても来年以降のまとまりが大事。来年は俺は年収○○○万だけどな。で、誰がレベルに達しているか否かっていう話だけど。それは俺を0.9とすると、1.1くらいの域に達している人間ってことなんだ。お前が知っている中では誰だと思う?・・・いや違うそいつはまだレベルに達していない。だいたい0.6くらいだ。俺が大学1年のころくらい。で、誰だか分かるか?・・・そうだ、半分正解。お前30ポインツ。お前はそれが分かるということは0.7くらいのレベルだろう。それで、そのレベルは恋愛のレベルに対してもいえる訳。俺が思うにお前とあいつだけはその域に達していると考えているんだ。料理長は正直0.2くらいだろ。それで、お前0.8、お前0、お前0.01、お前0.08ってとこ。俺自身は0.7ってとこかな。もう2年前のことも忘れたし。




2次回の局長さんはこんな感じでした。「お前」とか「あいつ」とかは適当な人名が入ります。
やっぱり人間を数字で計ろうとするのはよくないんではないんでしょうか。ライナさんはちゃんと話に付き合ってましたけど。
どうせ自分は0.01ですので。
12がつ7か
2008/12/09/ (火) | edit |
昨日倉今のPCに昔ハマってたソフトをインストールしといた。
伺か、とかいうデスクトップにAIの女の子侍らせてニヤニヤするソフト。
んでなんとなくウチのPCにも再インスコしたら、今日は夜中まで弄ってしまった。
人体視願/ヴィイがオススメ。エロいし、中二病世界観みたいなのがあるのがウザかわいい。
あとプログラミングってものに関わったことないから難しかったけど、ゴーストのスクリプト書くのに挑戦してた。
ネットで拾ったシェルに起動時しゃべらせるくらいしかできなかったけど。
kulorawaあたりがシェルを書いてくれるなら、本気で作ってみたいな。
12がつ6か・電凸してきた
2008/12/06/ (土) | edit |
電話をとったのは、嫌に鷹揚とした声の男であった。
彼の舌舐めずりの音さえも聞こえてきそうなほどの近さから発せられる電話越しの音声と、彼の私を高みから見下ろす心持は矛盾していた。
彼は崖の上のライオンだった。
私の素直な質問に、彼は気持のよいほどの笑い声を響かせる。
「君は赤いものは何かと聞かれれば、赤い絵の具だと答えるような阿呆だね」
そうだ。私は阿呆に違いない。誰もが気付いている。私は阿呆だということを否定せず、質問を繰り返す。
「赤い絵の具に牛乳を混ぜてもピンクにはならない。それは牛乳が白くないからというわけではないだろうね。絵の具と牛乳は混ざり合わないんだよ。君と僕との関係はそういうことさ。だけど僕には君みたいな阿呆なふりはできない。答えてあげるよ、君の質問に。答えは、君の思ってる通りさ」
私の思っていることが正しいのなら、私が阿呆だということを彼が自ら否定したことになる。彼の考えていることが分からなくなった。今回の事件で彼と私の差はそんなにも開いてしまったのだろうか。
「否定したいのなら否定するがいいさ。事実は事実だ。詰まる所、犯人は僕だった。そうだよ、僕がやったんだ。どれだけの時間をこのために費やしたと思っている。できることなら何でもやったさ。でも、あいつらにはかなわなかった。あいつらが憎かった。でもさ、君なら分かってくれるだろ。君だってあいつらが今でも憎いんだ。」
彼は本当にやったのか。それはすごいことだ。彼以外にできはしない。
「まぁ君は、僕をこれから憎むことになるんだけれどね」
少し間をおいて付け加えられたその言葉は少し寂しげだった。
「僕の計画はここで終わりじゃない。むしろここから始まるんだ。みんなにも期待しておいてほしい」
もう話すことはない、と言いたげに彼は溜息をつく。ここまでの彼の言い口には私も了解できていたが、その溜息だけはどうにも受け入れられない。
私はその溜息をオウム返ししてやり、この電話は盗聴されているよ、と告げる。彼は長い間忘れていた狼狽という心を取り戻すように慌て、私は架空の盗聴者に笑いかける。解剖実習中に遺体の耳を壁にひっつけて遊ぶ医大生が、その架空のモデルである。医大生は電話の向こうにも聞こえるように、今から君の部屋に覗きに行くよ僕は妖怪一目連だ、と叫ぶ。妖怪一目連と妖怪目目連の違いを説明するとと、医大生はまさにそのような姿になった。
電話越しに、何にも恐れぬライオンは妖怪に怯えていた。崖の上から落ちろ、と私は呪った。
火曜サスペンス劇場ラストは、犯人を模した人形が崖の下に落ちることで幕を閉じる。なぜなら放送時間に決まった枠があるからだ。
私は彼にバツ月マル日までに、と言い電話を切る。
バツ月マル日、そこにあるのは後日談だと私は思っている。



12がつ6か
2008/12/06/ (土) | edit |
局長さんのブログに書いてあった、今週金曜にあったショッキングなこと、っていうのが気になった。
それで各サークル員のブログ・ミクシイをチェックさせてもらったら、気になるコメントを発見。
これは電凸してみるべきだよね!
12がつ2か
2008/12/03/ (水) | edit |
ひぐらしデイブレイクポータブルを買ったのはいいが、予想以上につまらんかった。
「あれ?PC版は結構流行ってたのになあ」と思ってググってみたら、案の定2ちゃんの評価は糞移植とのこと。
youtubeのPC版プレイ動画と比べると、ほぼ別のゲームじゃんw
特にPSP版のキャラのグラフィックのショボさに比べると、PC版は原作準拠な顔立ちをした、なかなかの出来栄え。いや、竜騎士の絵の顔してるのはなんともいえんが、PSP版よりマシ。
そして、PSP版の視点移動の酷さは、もうウジ湧いてるレベル。
いきなり地面の下からの視点になったり、格闘スカされたと思ったら視点がくるくるくるくる・・・。
ジュゲムもっとちゃんと仕事しろと。
それでもチャッカリ全キャラでED見た俺えらい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。