痛いメンヘラ風のブログを目指していたけれど、なんかどうでもよくなったので普通の日記になりました。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12がつ19にち・バイト忘年会
2008/12/20/ (土) | edit |
男の先輩方も2名いらっしゃり、前回のような女性方の口から猥褻な単語の飛び交う絶望的な飲み会にならないものだと自分は信じていました。
しかしながら、昨今の経済的社会不安に際し、危機に瀕した場合にこそ生殖欲求の高まりを見せる人類の本能は恐ろしいもので、男の先輩方2名のすさまじきリア充的口説きテクニックを見せつけられ、自分の社会不適合性を再確認する結果となってしまったのが、本日の忘年会です。
どうしてあの方々は、女にいいイメージを与えるために男同士の繋がりを見せつけようとするのでしょうか。
自分に絡むのも自分を心配した表情を見せるのも、彼らの女を落とすための策略だと考えるのは、非常に失礼で悪意的解釈だとは分かっています。
本来ならば、彼らの自分に対しての絡みは、自分が飲み会で浮いていることを案じての優しさであり、酒に弱い自分を心配するのは、それもまた優しさなのでしょう。
だけれども、ついていけませんしうっとうしいと感じてしまうのです。
飲み会も終わり、解散となったあと自分は少し距離を置き、人ごみに紛れました。
その逃避的行動を裏切るかのように、駅でその男性の先輩と女性数人の一団と会ってしまいました。
先輩がまた自分に絡んできたとき、自分が口から出た言葉が「もういいっスよw」だったのは、自分に罪悪感を残すこととなりました。
どうせ自分は、精神病ならぬ青春病、青春を過ごすことにためらいを覚えつつその時代を生きてしまった後悔に苛まれる病なのです。
スポンサーサイト
Comment
Comment list
問題ない
2008/12/20(Sat) 13:30 | URL  | 麻生太郎 #-[ edit]
青春は過ごさないほうがあとあとダメージがすくない
30歳道程ニートがうらやましいぜ
2008/12/22(Mon) 02:11 | URL  |  #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。