痛いメンヘラ風のブログを目指していたけれど、なんかどうでもよくなったので普通の日記になりました。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9がつ3か
2007/09/07/ (金) | edit |
山形のテレビのチャンネルは都会より少ない。
見たいアニメが放送されてるテレビ局の周波数に合わせたって砂嵐が流れるだけだ。
それはテレビのアンテナの性能が劣っていて受信できる電波の種類が限られているのではなく、行き交う電波が弱いのだと思う。

山形の人間のチャンネルは都会より多い。
山形の方言は自分にとって聞き取りづらく、車校の教官の指示も砂嵐混じりだ。
対して向こうは、こちらの言葉を正確に聞き取っている。
山形の人間は少なくとも一つ以上、受信できる日本語のチャンネルが多いのだ。
このようなことは方言の上での話だけでいえるわけではない。
自分が普段話している人の中には、声が聞き取りづらい人と感じる人も、聞き取りやすいと感じる人もいる。
同じ方言の中にもやはり周波数のずれが生じている。
だけれど周波数のずれが大きい人とも仲良くなるにつれて、チャンネルを合わせられるようになる。
自分のチャンネルの数は少ないし、周波数のずれも平均値から遠い。
でもきっと誰かは自分のチャンネルに合わせてくれるから、自分は電波を流しつづける。
スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。