痛いメンヘラ風のブログを目指していたけれど、なんかどうでもよくなったので普通の日記になりました。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10がつ24か
2007/10/25/ (木) | edit |
自動販売機を使うのは難しいです。
今日失敗しちゃいました。
今まで何度となく使ってきたので俺も自販機を甘く見てたんでしょうね。
自販機を使うのには手順があるはずなんです。

1.まず何を買うか決める。
2.次にいくらお金を入れるか慎重に吟味する。
3.お金を投入する。
4.商品のボタンを押す。
5.商品を取り出す。
6.おつりがあればきちんと取る。

第1段階の重要性は駅の切符の自販機などで顕著に現れます。
自販機には切符の値段しか書いてありませんから、ちゃんとどの駅で降りるかを路線図で確認し、その区間までの料金をきちんと把握しておかなければなりません。
第2段階においては、自分の財布の中身との相談です。
おつりが最も少ない形で出るように吟味することがコツです。
また、1万円札や5千円札、ましてや2千円は使用不可の場合がよくありますので注意してください。
第3段階は最も簡単かと思われる手順です。
ここはすんなりクリアすることが理想的です。
第4段階は極めて危険です。
間違えて押してしまった経験のある人も多いでしょう。
無糖コーヒーを誤って押してしまったときのやっちゃった感は忘れられません。
私は第5段階でミスをしたことが1度あります。
あれは東京に旅行に行ったときのことでした。
自販機でペットボトルのお茶を購入し、取り出そうとしましたが商品が見当たらなかったのです。その時はそのまま諦めてしまいました。
そして2度目にその自販機の前を通ったときに確認してみると、なんと取り出し口の端っこに縦になって出てきていたのです。
これでは見つけづらいはずです。
これからはそのような可能性を考慮に入れて取り出しに望もうと思いました。
最終段階、おつりを取る作業は、一般的に最も失敗率が高いものといわれています。
この段階を怠って、おつり返却ボタンの押し忘れ、おつりの取り忘れ、おつりを出すつもりが商品ボタンに触れ間違ってもう一本買ってしまうミスがかなり報告されているからです。

これで自販機使用の手順の考察は終わりにして、本日の私の失敗についてお話しましょう。
あの時私は、れみーとの待ち合わせのためにk兄者と自転車で大須に行き、ほぼ駐輪場化している一帯に自転車を停めました。
病み上がりだからでしょうか、急にのどの渇きを覚えた私はドリンクの自販機の前に立ちました。
そこで財布を取り出し、100円玉と50円玉があるのを確認。
自然と500ミリペットボトルの商品の選択肢に絞られました。
ここで私はミスを犯します。
なんと第1段階である、商品の選択作業を怠り、そのままコイン投入作業に移ったのです。
100円玉を1枚投入、そして今まで幾度となく自販機でドリンクを購入してきたという余裕が生んだ愚かさでしょうか、50円玉を投入作業の途中に視線をコイン投入口から左上方向に移動させ、商品の選択作業を同時に行おうとしたのです!!
「純粋に水分補給を目的とするからゲータレードを買うとするかな……!?……ちょwwwおま!!ww」
なんと50円玉が詰まりました。
コイン投入口の内部機構の上方部分の隙間にきっちりと挟まってビクともしませんでした。
こんな詰まり方初めてですよw
それからの50円玉を救うための努力を話してもむなしいだけなので省くとしましょう。
とりあえず、結論から言えば、放置しましたw
無理です、あれ。
これって故障させたのに近いですし、詰まってる間販売できないから営業妨害になるし違法なんですかねw
まぁ、賠償金として50円払ってありますからいいですよねw

最も簡単なはずの第3段階の失敗は、予想外にして被害甚大でした。
これからは初めて自販機を使った幼き日のこころを忘れないようにします…。
スポンサーサイト
Comment
Comment list
なげええええええええええええええええ
2007/11/11(Sun) 20:57 | URL  | kulorawa-san #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。